腕時計 懐中時計 掛け時計 置き時計 オーダーメイドシステム

こちらのホームページ上で、どなたでも簡単にオリジナルデザインウォッチを御注文いただけます
写真・文字・イラスト・ロゴマーク等、自由に文字板に取り込めます

<オーダーメイドシステム>
オリジナル時計が出来るまで
腕時計
懐中時計
掛・置時計
文字板
オリジナル文字板作成
文字板レイアウト注意点
ラッピングサービス
オリジナル刻印
SAMPLES-1
SAMPLES-2
SAMPLES-3
注文を順を追ってご説明します
注文方法のご紹介
修理&メンテナンス
カートの中を見る
Topへ

刻むクロノスTop > オリジナル時計文字板レイアウト注意点





写真 _pic01
範囲は手書きでもokです。
※注意:直接原稿に書かないで下さい。
原稿は最大A4まで大丈夫です。
  1. 文字盤に取り込む範囲を決めてください。
    ※針中心部は穴が空きますので、原稿の大事な部分が重ならないようにレイアウトしてください。
  2. 文字盤数字と合成する場合は被写体と重なる部分をイメージして必要な場合はスペースを空けてください。
    ※中心から<<均等>>に円を描いてください。
    ※注意:直接原稿に書かないで下さい。データ入稿の場合はレイアウトを入れた画像と元の画像を送付してください。
     用紙原稿の場合はラップ等で被せた上からレイアウトを書いてください。
    (こちらに分かるようにして頂ければ、どんな方法でも大丈夫です。)


ご注文方法の紹介ページ下側にある”文字板レイアウト”をプリントまたはデータコピー保存をしてご利用ください。
特にご指定の無い場合、こちらでレイアウトさせていただきます。

写真から時計を作る場合、腕時計・懐中時計・掛&置時計すべてサービス判(約8×11.5cm)から作れますが
文字板の大きい時計を作る場合、大きめのサイズの写真があれば大きめの写真をご用意下さい。
(もちろんサービス判からでも作れます。)

  1. 位置とサイズをご指定ください。(目安でも結構です)
    特にご指定のない場合は、こちらでレイアウトさせていただきます。

    ※カートにてご注文の際はレジに文字の入力欄がありますので、内容・位置をご入力ください。
     例:中心の上側(10時と2時の間くらい)に・・文字を配置希望。
        中心の下側( 8時と4時の間くらい)に・・文字を配置希望。

入稿する原稿データにつきまして
原稿はプリントされたものでも画像データでも、どちらでも全ての時計を作れます。
※サイズはこちらで拡大・縮小処理をします。
大きいサイズの掛時計の場合は、大きめのデータがありましたら大きめの原稿をご用意ください。

文字盤データを自作する場合
※画像データでの入稿をお願いします。
(JPEG・BMP等/RGB画像形式)

自作データ入稿 文字板サイズ(参考推奨サイズ)
・腕時計/懐中時計文字板サイズ(直径): 3.6cm程度(ピクセルサイズ:700x700程度)
・掛け時計文字板サイズ(直径): 20〜30cm程度(ピクセルサイズ:5000x5000程度)
・置き時計文字板サイズ(直径): 120mm程度(ピクセルサイズ:2400x2400程度)

※モデルによって文字盤サイズは異なりますので、上記推奨サイズをご参考ください。
上記サイズでなければ制作が出来ないわけではございません。(最終サイズ調整はこちらで行わせていただきます。)
※針の中心は原稿が隠れて見えなくなりますのでご注意ください。(腕・懐中時計 約2〜3mm/置き・掛け時計 約10〜16mm程度)
※文字板の縁は本体と重なるため僅かにカットされます。(腕・懐中時計 約0.5mm / 置き時計・掛け時計 約1mm程度)

人物・動物等を、文字板にする場合、顔のサイズを文字板の約1/4以下にすると、針の中心が顔に重ならずにレイアウトできます。


back